スポンサーサイト

2012.08.12 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

|-|-|-|-|-|by スポンサードリンク

リスボン観光 その4

2011.04.27 Wednesday


夜も暗くなりフェリーでカイスドソレ駅に到着。

フェリーのチケットを窓口に返すと返却代でいくらか小銭がかえってきます。

そして、地下鉄でバスコダガマショッピングセンターへ。

いつものごとく、買物すませて、

最後の晩餐 in リスボン とのことですが、

なんせ、日曜日。お店があいていない。

ショッピングセンター内のレストランへ。



このワイン。ヴィーニョヴェルデといいアルコール低めの微発砲ワイン

友人いわく、、、めっちゃウマイ!!!とのこと。

たらふくたべたあと、友人はショッピングセンター地下のスーパーで同じワインみつけ

ゲットしておりました。しかも4ユーロぐらいと。

お買い得。

はーーー。お酒飲めるようになりたいわ。

そして、今回も楽しい楽しい旅になりました!!!

次回は、夏にいきたいなーーー。

ポルトガルcomments(0)trackbacks(0)|-|-|by SNOW

リスボン観光 その3

2011.04.26 Tuesday

みなさん知っていましたか??

私だけかも、しらなかったのは?

リスボンにも巨大キリスト像がございました。

テージョ川の左岸のカシーリャス側にあるため、フェリーでいってきました。

フェリー乗り場はカイス・ド・ソドレ駅からでております。

チケットを購入して(2ユーロくらいやったかな??) 

いざ出発。10分ほどで到着。

クリストレイの場所までは、駅からバスに乗るのだが...

時間がない!!6時に閉まるのに、到着したら5時過ぎてますがな。

急いでタクシーで出発。10分ほどで到着。

チケットを購入してエレベーターと階段で登ると...。

デカッ!!!



首がつるかと思うぐらいにでかいぞー。

そして、リスボンの街を一望できる!!

ギリギリにいったからなのか、人がほとんどいなくて、ええ感じ。

しかし、さっぶーーーーい。

突風と戦う勇者!!



しかも、この時間帯。夕日もおまけに見れてサイコーでした。



4月25日橋のライトアップ。

そして、キリストさんのライトアップ



是非閉館ギリギリの時間にいってくだされ。

お得感たっぷりです。

リオデジャネイロのクリストレイに触発されて建設されたそうな。

それを考えていたら...。

見たい!!!!ブラジルのんも見たい!!!

絶対に見に行くぞ!と、心にきめた1日でした。









ポルトガルcomments(0)trackbacks(0)|-|-|by SNOW

リスボン観光 その2

2011.04.25 Monday

ジェロニモス修道院の近くでランチしました。

前の道には、いくつものお店があって悩む悩む。

とりあえず、はやってそうな小さいお店へ。

テーブル席5つぐらいと、カウンターのカフェレストラン。

これが大ヒット ほんまにおいしかった。

 

フライとイカの煮込みとなんせ、魚介類。

そして安い。ランチプレート8ユーロくらい。

しかし、ごめんなさい。お店の名前を書いた紙なくしました。

ヒントは、お客さんが寒そうに食事しているお店です。

なぜなら、こんなに寒いのに
入り口の扉が壊れていてちゃんと閉まらないので、
風がつつぬけです。

そして、世界遺産ではないけれど、
エンリケ航海王子の500回忌を記念して造られた
発見のモニュメント



3番目がヴァスコダ.ガマらしいのですが、誰が誰やら...

そして、前には大理石のモザイク世界地図。



各国の発見年号がかいてありました。



ほして、ほして、ガイドブックやブログに必ず載っているともいえる

べレン地区のエッグタルトやさん。

1837年創業のパスティス・デ・べレンはジェロニモス修道院のすぐ横にあります。



青いテント屋根が目印です。よく見ると行列できてます。

そして、購入いたしました。





400度で焼いた皮がパリパリでほんまにおいしかった。

ポルトガルで何度か挑戦したエッグタルト。

やはり、ダントツで1位です。はじめてガイドブックと意見が一致しました。

ぜーーーったい。食べてね。

ポルトガルcomments(0)trackbacks(0)|-|-|by SNOW

リスボン観光

2011.04.23 Saturday

リスボンのロシオ駅からメトロとトラムをのりついで

テージョ川に沿って30分ほどで到着しました。

 世界遺産 その1
  ジェロニモス修道院



石灰石でできてるらしく、ほんまに白くて大きくてキレかった。

空が青いともっとキレーのにと、残念。



中にある、サンタマリア教会。



しかも、日曜の14時までにいくと、タダなんです。

ありがたやありがたやー。

そして、コトコトとトラムで5分ほどで

  世界遺産 その2 
     べレンの塔



リスボンの港を守る砦として建設。
貿易船の手続きをおこなっていたそうな...。

中には大砲やら鉄砲窓やら、本当に守っていたのね。

そして、ここも14時までタダなので、
急いで2箇所回りました。

港町のリスボンらしい素敵な世界遺産でした。







ポルトガルcomments(0)trackbacks(0)|-|-|by SNOW

リスボンで日本代表となった日

2011.04.22 Friday

旅行は現地で出会った人によって

その国の印象が変わってくる。

私はそう思っています

そして、今回リスボンでは...

本当によく人に話しかけられた

なんて、みんな愛想がええのかしら。

エスカレータで前にたってた人でさえ、話しかけてくる。

「リスボンは楽しいかい?」と。

そして皆、口をそろえて

「なぜ、夏に来ないんだ」 と。

そして、ある時は、「今年は異常気象で本当に寒い」と聞かされる。

それを聞いて、地中海気候をあきらめる

トラムに乗っていたら、横に座ったお姉さんが。

「どこからきたの?日本?」

「日本にはいったことないけど、映画で知っている。」

「そう、ソフィアコッポラのロスト・イン・トランスレーション

「あれを観て、東京はアメージングな街だと思ったわ」と。

しかし、私。観てないよ  その映画。 

監督(外国人)が描いた日本 
そして、それを観て想像する日本。

どんな感じが観てみたい^^

こんど、DVDかりてこよーーーっと。

そして、日本を大好きになってほしい、日本を知って欲しいと

つたない言葉でたくさんアピールしてきました。

みなさん、ぜひぜひ日本に遊びに来てください

ポルトガルcomments(0)trackbacks(0)|-|-|by SNOW

リスボンナイト

2011.04.17 Sunday

夜のリスボンをプラプラ

コルメシオ広場もきれいにライトアップ



アウグスタ通りで閉店まぎわにショッピング

ふとはいった雑貨屋さん

ALE−HOP

ヨーロッパにたくさん店舗があるそうな。

安くはないけれど、かわいい小物やらおもちゃやら

たくさんありました

閉店間際にもかかわらず、買った品物を丁寧につつんでくれる

お兄さん。

「日本から来たの?遠いところありがとう。

楽しんでね!!」と、いつもの優しいお言葉

そろそろお腹もへってきたので、
お兄さんにオススメレストランをきいてみる。

そして、教えてもらったお店は

「Joao do grao」

お店からすぐのレストラン

魚介のスープとサラダとお魚をオーダー






値段と味を比較するとお得感はそんなにないけど、
ポルトガルの食事はどこへ行ってもハズレがない

そして、ここの店員さん。
友人をとっても気にいってしまう。

そして始まる口説き文句

なんとか、通じる英語を使って私に通訳しろ...と

カワイイだの遊ぼうだのリスボンにいてくれだの猛プッシュ

相手にしていない友人。伝えろとせっつく店員。

あまりにも友人ばかりなので、とうとう「私はどうー?」なんて

愚かな質問をなげかける

案の定「OK。OK」と、てきとーな返事

カチーン。スネてやる

と、ひがんでお店をあとにする


今日は土曜日。クラブに行こうじゃないか

ホテルで仮眠をとって2時にお目覚め。

TAXIをひろってクラブが多いサントス駅へ

ロシオ広場から4ユーロくらい。めっちゃ安い

なんて、楽チンなの

あてもなく人についていき7月24日通りをウロウロする
若者はガンガンのテクノ?系に入店。
あんまり得意じゃないのでやめる

外にもれる音楽をたよりにまだなんとか大丈夫そうなお店へ 

 KAPITAL (Muji)  
たぶんですが..

お店に入るとカードを渡される。はて??。
そして、コートをあずける(2ユーロ)

そして、階段の下にレジのお姉さんがいるためカードを渡してみる。
10ユーロ払う

そして、お姉さんに「Thank you .good night!!」 と。

私「????」
来たところやのに帰ることになる・・・・・・って

アカンアカン

すぐにお姉さんに事情を説明。
すると、このカードはドリンクを購入した時に
カウンターで渡すとカードに金額が入力されて
帰る時に支払いするのだそうな。

なっとく。そしてハイテク。
サイフ持たんでええし、なんて便利なシステム!!

理解してフロアのある2Fへ

適当に楽しんでいると、色んな人が声をかけてくれる

めずらしいのか?日本人。

女の人もすごい興味をもってくれて、
友達全員にまで紹介してくれて誘ってくれる。

なんてフレンドリー。

店員さんやDJまでよく来てくれたねーと。


飲んで踊って笑って、今回も
とーーーっても楽しい夜になりました




ポルトガルcomments(0)trackbacks(0)|-|-|by SNOW

リスボンからの小旅行 4

2011.04.15 Friday
 海側にいくと砂浜発見

砂浜をみると、恒例行事の思い出づくりせねば

今回もカキカキしました




満足して、海岸沿いをブラブラ

なんて素敵な景色





目指すは
「地獄の口」 Boca do Inferno

海岸沿いの遊歩道を30分ほど歩く

絶対普段ならすがすがしく海をながめてあーっちゅうまやけど、

なんせ寒いぜポルトガル

こんなかっこで歩いてました



修行僧の気分になる…

頑張って歩いて到着しました



大西洋の荒波が長い年月をかけて
少しずつ岩を削り取った自然の洞窟。だそうですが…
 
ぜんぜん荒波ないし地獄か?? 
めっちゃ穏やかやん 

このニ重人格の洞窟くんの、
裏の顔、地獄な時をいつかみてみたいな

そして、寒さにまけてやっぱりすぐにしました

地獄の洞窟すぐ近くのかろうじてカフェ。

はいると、おばちゃん刺繍してた。
そのおばちゃんのコーヒーいれる姿がステキ



カステラの原型ともいわれてる
パンデロー (パォンデロー Pao de Lo) を注文



中が半生でトローっとしてる

私、ホットケーキの生地とか焼く前にペロッとする癖が…

なので、めっちゃスキこれ

誰にも怒られることなくトローりを味わえます。
ホットケーキミックスとは違い

そして、ゆっくりお茶を楽しみ


カスカイス駅へ戻りました

途中の10月5日広場
左の建物が市庁舎で
ペドロ1世さんがたってます。
(14世紀 ポルトガル8番目の王)



カスカイス駅から30分ほどで
リスボンのカイスドソレ駅までもどってきました

色々ハプニングはあったけど、
今回も大大大満足のショートトリップでございました

ポルトガルcomments(0)trackbacks(0)|-|-|by SNOW

リスボンからの小旅行 3

2011.04.11 Monday
ロカ岬をあとにして次にむかったのは

カスカイス

バスで30分程の街です

お腹がすいたので、バスターミナルすぐの

ショッピングモールへ



私はブラジル料理 



計り売りで8ユーロくらい

味は普通
おいしかったけど、あったかいともっとおいしいやろなーと思う。

友人はトルコ??中東系のプレート



6ユーロくらい
野菜もたっぷりでおいしかったです

なにより、やっぱり店員さんはやさしいね。

何がというわけじゃあないけど、色々説明してくれる…
まあ、ポルトガル語やからさっぱりやけど…

そして、ランチしたあとに外にでるけど、やっぱりさぶい

ポルトガルってこんなに寒いか??

外にでではや10分我慢できずにマクドにピットイン

そして、ご当地メニューの

エスプレッソソフトクリーム




1ユーロちょっとやったかな。

とにかく、めっちゃおいしかった
サイズもちょうどええし、ホットとアイスのナイスコラボ

この旅行で何回たべたことやら
でも、友人はよくばって2個いっぺんに食べて
気分悪くなってたけど…

体もあったまってきたところでやっとこさカスカイス観光へ



この写真は裏側ですが、
目抜き通りには服やさんやらなんやらショップが並ぶ。

その通りを抜けると海側へ

ガイドブックによれば、なんとレンタルチャリンコが無料とのこと

しかし、風が強くさむすぎる

すぐに却下

ぼちぼち素敵な景色みて歩きましょか。












ポルトガルcomments(0)trackbacks(0)|-|-|by SNOW

リスボンからの小旅行 2

2011.04.08 Friday
 1時間のシントラの駅観光  を済ませて

403番のバスへのりこむ。

ガタゴトガタゴトと、いくつかの集落を抜けて30分以上走る。

ちょっと運転があらいのはご愛嬌ということで…




バスをおりて…




そして、到着いたしました。


 ユーラシア大陸の最西端 
      ロカ岬




青い空 白い雲、青い海となんとまあ絵になる風景

この石には「地の果て、海の始まり」ってかいてるらしい

が…意味もわからず写真とる私達

写真とりたいけど、とりあえず我慢してまずはインフォメーションへ



なぜかって??

最西端にきたよ証明を申し込み。

つくってもらってる間に外へ

ずっと、写真パチパチとってた。
 
だれか一眼レフかしておくれ。キレイにとりたいよ 



この大西洋をながめながら、
思い出す対岸のはるか遠くの国、カナダからみた同じ大西洋を

ここにきて何回このフレーズ言ってるか
ひねりないけど、やっぱりステキ





絵と同じ景色が変わらずあるってほんまにええわ

ここには、レストラン、お土産やさんとあるけど、

次のバスがくる1時間30分くらいの滞在でじゅうぶんでした。

そして、たのんでおいた証明書を案内所へとりにいく

10ユーロしたかな??せんかったとおもいます。

紙切れ一枚に…とおもうやろうけど、
思い出代金もふくまれております。

日付けと名前もいれてくれてます。
裏もなんかイロイロかいてました。

けっこうご立派



ユーラシア大陸最西端到達証明書をGETして大大満足して

次の地へGO!!


ポルトガルcomments(0)trackbacks(0)|-|-|by SNOW

リスボンからの小旅行

2011.04.07 Thursday
リスボンからのプチ旅としてよくガイドブックなどに記載されてる

シントラ

他にもれず、私達もいってまいりました。

ホテル近くのロシオ駅から出発

ポルトガル語がさっぱりなので
窓口で「1日周遊チケットください。」と紙にポルトガル語を記載し
(何てかいたか忘れましたが…。)
満面の笑顔でわたす。



1日周遊券を12ユーロでGET

でも、よくみたらTrain&Bus ってめちゃめちゃ英語かいてる。



シントラ、カスカイス、ロカ岬 と、主要どころの
鉄道、バスと乗り放題。

チケットをわざわざ買わなくていいので楽チン。

でも、難点が、自動改札が通れないのでわざわざ駅員さんを捕まえて
ゲートあけて。とお願いしないといけません。

んで、電車にのって出発




ロシオ駅から40分くらい電車でゆられて、到着いたしました。

シントラ駅





なんだか、いちいちカワイイわー。

駅おりたら案内所があるけれど、、、。長蛇の列。



あきらめて、バス停へ。

駅から右に50mすすんだところにバス停があります。

世界遺産のムーアの城跡やペーナ宮殿などをまわるバスは434番

20〜30分に1本のバスがでているけど、まてどくらせど来ない…

しかも、めっちゃさぶい。体が小刻みにふるえる…。

他の番号のバスはくるのに、434番だけこない。

なんだか、私達も口数が少なくなってきた…。



かれこれ1時間さぶさに絶えながら待つがやっぱり来ない。

案内所はあいかわらず長蛇の列。


しょうがないので、駅員さんなのか、案内所の人をつかまえる。

駅前でコーヒーを飲みながら休憩中??なのに申し訳ない…



すると…・

駅員 「山道で木が倒れて道路が封鎖されてるからバスこないよ」

私 「えーーーーーっ。」 「もうちょい大げさにアナウンスしててよ。」

駅員 「いつ復活するかわからないよ」「すぐかもしれないし、今日は出ないかも」

だってさ。



めちゃめちゃアバウトな説明やけど、詳細は聞いても知らないのであきらめる。


悩んだ末、いつくるかわからないバスを待つよりは、、、

っとのことで、次の目的地へ出発することに。

世界遺産がある街シントラ

そこで私達が観光したものは…



この駅だけです。




ポルトガルcomments(0)trackbacks(0)|-|-|by SNOW
 
プロフィール サイト内検索
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
新しい記事 コメント
アーカイブ カテゴリ モバイル
qrcode
Others Others
ムームードメイン
    

ページの先頭へ