<< La Paz 移動 | main | Sucre 移動 >>

スポンサーサイト

2012.08.12 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

|-|-|-|-|-|by スポンサードリンク

SUCRE

2011.11.30 Wednesday

スクレのバスターミナルから

知らないおじさんとTAXIに乗り合い

セントロに到着(4ボリ)

以前ルレナバケで一緒にお泊りした

イスラエルの女の子

おすすめの宿を聞いてたので

そこへ向かってみる。

Amigo Hostel

しかし、まさかの...

満員です。

......。

しょうがないので

新しい宿をさがす。

やっぱりすぐしんどくなってくる。

なので、近くにあったHostelに決定

HOSTAL RECOLETA SUR
住所 Calle Ravelo in corner Loa
電話 (591)46454789
メール mairusta34@hotmail.com

1部屋180ボリ

でもまあ、夜間バスで疲れていたのでお泊り決定!!

ホテルも決まったし観光がてらブラブラしてみる。



このスクレはボリビアの憲法上の首都らしい。

ですが、首都機能はラパス。

そりゃそうだ。

穏やかな空気がながれているもの。



16世紀に建てられたコロニアル様式の古い町並みが残っていて

「白の街」と呼ばれて世界遺産です。


ほんとに、青い空と白い建物がよく似合う。

そして、歩いていると早速出会いました。

露天やさん



揚げパンのようなものが4本で1ボリ

味も揚げパン。想像どうり。

しばし、観光名所のラ・レコレタ修道院へむかいます。

てくてく歩いていたけれど、だんだん足場が悪い



こんな、ガタガタ道を地元民と混じってすすむ。

せっかく歩いたので引き返すこともできず、ひたすら20分ぐらい歩くと



スクレの南側の市内を一望できる高台に到着。

気持ちええではないか。

目の前には修道院



白い建物きれいのに、後ろは茶色。ブルーシートまで...

なんだか憎めません。

憎めないといえば...

この街。日本車がたくさん。

日本車といえどTOYOTAやNISSANの事ではありません。



〇〇幼稚園、〇〇デイケアセンター、株式会社〇〇、と

たくさんの日本車が走っていました。

この車達は市民の足である市バスとして活用。

乗っているボリビア人達はきっと漢字の意味なんて知らないんだろうなーと

微笑んでしまう。

なにはともあれ、日本の裏側で

日本で活躍した車がどんな理由でココにあるのかは知りませんが

悪そうな煙をモクモクとだして走っている事に驚き。

そう。驚きといえば、もう会えないと思っていた



インディヘナのおば様たちにもまだまだ会えました。

ラパスより暖かいので薄着☆

カキ氷にたかる学生達



もちろん手動です。




行く先を決めずタダ歩いてるだけやけど

路地好きの私には見所いっぱい



そして、何より私をひきつけたのは



甘いもの大好きな私をトリコにした

チョコレートやさんが多い!!!



お店をはしごし



そう。ここはボリビア。安いんです。

トリュフやら、チョコアイスやら、ホットチョコやら

食べて大満足。


夜は夜でキレイな町並みを歩き







素敵な街でした。

ちなみに、このスクレ。

車が多いので歩行注意です。




ボリビアcomments(0)trackbacks(0)|-|-|by SNOW

スポンサーサイト

2012.08.12 Sunday
|-|-|-|-|-|by スポンサードリンク
コメント









この記事のトラックバックURL
トラックバック
 
プロフィール サイト内検索
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
新しい記事
コメント
アーカイブ カテゴリ モバイル
qrcode
Others Others
ムームードメイン
    

ページの先頭へ