<< UYUNIツアー 3日目 | main | (友人の)夢が叶った日 >>

スポンサーサイト

2012.08.12 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

|-|-|-|-|-|by スポンサードリンク

CALAMA移動

2011.12.17 Saturday

なんとかチリ国境から無事にカラマに到着した私達。

時間がないのですぐにバス会社探し。

何件かまわりチケット購入

荷物を1000ペソ払って預かってもらい

時間まで街をプラプラ

まずは両替から

100USドル=46500チリペソ
だいたい 1000ペソ=200円弱
0が多くて解り難いったりゃありゃしない

お茶して出発まで時間潰す



コーヒー頼んだらお湯と粉でてきた。自己調節らしい...。

間に合うかわからなくて必死やったから

つかの間、ホッとする。

そしてそこで思い出す。

私達、極寒+サバイバルツアーやったから

シャワー3日も入ってない。そーいや痒い(笑)

なんて、笑いながら話す、お気楽な私達。

21:15発が30分遅れても気にしな...ってするわ!!!

まだ私達、時間に余裕ないねん!!!



イライラしながら出発

バスチケットが最後の2枚やった為、席が離れた私達

私の隣は怖そうなチリおじさん。

なので、眠りにつく私。

どれくらい時間がたったのか...

誰かの声で起される。

寝ぼけまなこでよく見ると

警察??

なんかゆーてる。

でも、スペイン語まったくわからん!!!

いちおう、隣の怖いチリおじさんに聞いてみる。

やっぱりスペイン語で返答。チーン。

窓の外見てみるが真っ暗でよくわからず。

なので、諦めて再び深い眠りへ...

.zzz.....。

ガヤガヤと外の騒音で目が覚める。

カーテンをめくって景色を眺め...。




って、どないなってんの??



外はこんな明るいし、

何よりバスが止まってる....。

おーーーい。どーなってるんや!!!

困った困った。

とりあえず車内で待ってみる。

...動かないバス...。

すると隣のチリおじさん

コーラとクッキー買ってきてくれた。

そして無愛想のまま「ふんッ」と言って

食べろの仕草。

優しすぎる。ありがとうおじさん。

お腹満たされたので、原因調査する。

まずはバスの運転手に聞いてみる。

優しさがあふれんばかりに

時間かけて丁寧に説明してくれるけど...。

け−ど−...。

スペイン語なので、さっぱりわかりませ

次は外へ出てみる。

警察らしき人へ...

これまたスペイン語。

野次馬らしき人達の前で不安そうな顔してみる。

誰も英語で話してくれずスペイン語でなぐさめ。

意味なし。

聞きまわった結果、。

唯一英語らしき言語を話す人発見。

らしき程度です。

彼の説明から推測すると...

夜に雪が降って、山道がエライ事になって

道路封鎖してるらしい。

あららら。

仕方がないので、バスへ戻って仮眠。

目が覚める。



カーテンめくる。人だかり。それでもバスは動かず

なので、また仮眠。

かれこれ8時間のバス内待機も解除。12時に規制終了。

このおかげで、シャワー無し5日目突入決定。

でもでも時間が間に合うなら文句いいません!!!

しばらく走ると雪景色



この雪が原因です。

15:30と21:30に食事が提供。



鶏&米。

食後に再び無愛想ながらも「ふんっ」といって

クッキーくれる隣のチリおじさん。

「君はずっと寝てるなー。ええこっちゃええこっちゃ。」

と世間話。

実は優しかったおじさん。

おじさんが降りるときやっぱり私、
寝てて気づかなくてごめんなさい。

さてさてしばらく走ると



雪がすっかり溶けて砂地やったり



穏やかな海やったりと、

やっぱり南米の土地の変化はおもしろい!!!

そんなこんなで日付が2日変わり朝の4時に

サンチャゴのバスターミナル到着!!

空港行きたい私達は別のバスターミナルへ移動。

たまたま道を聞いた人たちも空港方面へ行くので

ついて来い!!!と空港バスの発着するバスターミナルに誘導

5時からOPENとのことで一緒に寒空の下待つ。

しかし時間になってもいっこうに開かないターミナル。

私達の時間を心配してくれたお兄さん。

「TAXIで行き」と...時間が間に合わずTAXIで空港へ

20分ぐらいで12000ペソ 結構高いのね。

でも、なんとか無事に時間内に空港到着



2度の道路封鎖を乗り越え、一時はどうなることやと諦めかけたけど...

あーーー。間に合ってよかった!!!!

助けてくれたみなさまありがとうございました!!!





少し空港内をウロウロ。



指圧マシーンみつける。



指圧の説明書き。

チリだというのに日本の指圧。

すみません。

ただの興味本位で写真のっけてみました。



今回のBus会社
CIKTUR
セミカマ=25000ペソ
※補足情報
クレジットカードOK
受付の人全員感じよかった。
それがなによりの決め手^^

ボリビアcomments(0)trackbacks(0)|-|-|by SNOW

スポンサーサイト

2012.08.12 Sunday
|-|-|-|-|-|by スポンサードリンク
コメント









この記事のトラックバックURL
トラックバック
 
プロフィール サイト内検索
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
新しい記事
コメント
アーカイブ カテゴリ モバイル
qrcode
Others Others
ムームードメイン
    

ページの先頭へ